スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫で追加支援策 赤松農水相 一律補償を撤回(産経新聞)

 赤松広隆農林水産相は21日の閣議後の記者会見で、宮崎県での口蹄(こうてい)疫に関連し、被害農家に対して殺処分までの餌代などを国が負担することや、埋却に要した費用を補填(ほてん)することなどを盛り込んだ追加支援策を発表した。

 農水省は同日、ワクチン接種後に全頭殺処分する牛や豚について、牛1頭当たり約60万円など、一律の水準で補償するとしていた方針を事実上撤回し、時価評価方式を適用するとした。経営再開までの生活支援として、肉牛1頭当たり5万9千円などを支給する方針も正式発表した。

【関連記事】
C大阪が口蹄疫被害者支援の義援金
近隣県、口蹄疫で防疫を強化 イベント中止、市場閉鎖
口蹄疫 農水相の自発的辞任要求 公明・井上氏
口蹄疫ウイルスはどこから? 輸入の「わら」? 観光客?
ワクチン接種見送り 準備間に合わず 口蹄疫問題

川崎信金秘書室長、コニカミノルタ社員、群馬銀行員ら覚醒剤購入・所持で逮捕(産経新聞)
両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)
H2A 打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ(毎日新聞)
<新型インフル>国と自治体の連携不足指摘 研究班が報告書(毎日新聞)
社民、「辺野古」明記の日米文書に反対確認(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。